offさんの釣りLife+

釣りのこと 周囲の事 書いてみます。
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
      

≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

2013ヒラメ釣り第四戦in広進丸

7/26 ソロで出発

贅沢な高速道使っての釣行です。
10km弱遠回りですが 安全 速い 燃費も良い(多分)(疑問)

盛岡南ICから入ると
強烈な 雷雨 稲妻であたりが昼のようになります。

近所に落ちた?豪雨で視界も厳しい ゆっくり行きます。

住田町を過ぎると 雨もやみ ガス?雲が深くなります。

崎浜港着
毎度のことながら 私が最後 (30分前なのに)

今日26日の釣行は 私がヒラメと決めたので同船者があってホッとします。

更に、カレイ大好きS君が来ています。挨拶
曰く「何年かぶりのヒラメ釣りです」「どうすればいいっけ?」

船頭さん推奨の仕掛けを購入してました。


出船

DSC03435.jpg

今日から?カタクチ鰯も積んでます。
あとで、試してみましょう。本来のヒラメ釣りの形です。

今のマイワシを使ったヒラメ釣りは釣れるし 魚の型も大きいので楽しいのですが。
いつまで続くのか 船にも 釣り人にも負担は大きいしネ。

濃い霧 ガスの中船は何処に向かっているのでしょう?
乗船者は六人 私とS君が左右の最後尾
前の方達には 場所が解らなかったと思います。

我々は船のプロッターを見ることが出来るので 「おお-ツ」って感じでした。

前日 天候に問題は無いと思ったので電話もせず 乗ったら
錘は50号とのこと
持ってはいましたが 一個だけ(心細)

50号の理由が解りました
深度が今までの倍の深さでした。

船中 ポツリ ポツリ 釣れます。
私は そこそこの当たりを 送って待っていたら
 根掛かり?
諦めて 道糸を引っ張って回収 錘は付いているようなので 半分安心
ハリスだけなら 修復も早い  でも、巻き上げが少し重い

以前誰かが落とした仕掛けを錘付きで回収できました。
50号の錘が一個増えたのは 幸運

左一番に入った方が 数を伸ばします

ここのところ続けて 船頭さんの後ろに釣り座を貰ったので
餌に苦労しませんが 船頭さんのプレッシャーもあります。
合わせ損ねると しっかり見られてます。

そうこうしているうちに 私にも来ました。
48cm 続いて43 43 48cm

DSC03436.jpg

背中側のS君は 「船酔い気味」と言いながら要領を思い出して 釣ります。
本日最大の 69.5cmが彼に来ました。

こんな時は精確にメジャーしないで 「やった70」で済ますべきですね。
メジャー出して済まない事したみたい?(詫び)


今日の夜はサッカーのOB会
貧乏宴会なので10か~14人分の刺身と握りが出来るくらいは釣りたい。

終了 一時間前 カタクチ鰯 15cmサイズを使ってみます。
小さな当たりはありましたが 周りでマイワシで連釣されると 焦ります(泣)

速攻戻して 私も釣ります。

ツヌケを目指すも 一枚足らず タイムアップ

43~49cm 9枚でした。60欲しかったですが?

美味しいサイズで揃ったと 納得です。満足です。

結局 数分は霧雨も有りましたが 

雨にも降られず 波も無く 風もなし 釣果もまずまず

夜の宴会には充分でした。 これも幸運

帰りの大船渡トンネルを抜けると 雷雨 やはり幸運ですね

家に戻って 荷物を下ろすと 雷雨 幸運です。

夜は一年ぶりに合う 先輩後輩と 飲んで食って 楽しみました。
ヒラメは 勿論喜ばれました。 幸いです。

広進丸船頭さん 宴会場のオーナーさんご協力ありがとうございました。

次は4日の予定ですが、明日27日はどうしようカ???
関連記事
スポンサーサイト

2013ヒラメ釣り第三戦in恋し浜

7/21 予定では宮古に行く だったが
前日 昼 釣況なんたら 大雨で水がなんたら

ということで、出船中止

諦めていたら 夜 19:30 奥様が空いてる船を見つけてくれる

早速、電話すると OK(ラッキー)
早速、餌サイズを聴いたので 仕掛けの作成 4セット

06:00出船だが
今週も初めての船なので(更に初めての港) 早めに出発します。

DSC03431.jpg

第十八億幡丸

昨年の大会で見ていたが アコワゴさんに電話確認したら やはり大きな船で間違い無かった。

DSC03425.jpg

船べりも高く 釣り易かったです。取り込みには水面との差が高くなるので タモは必です。

船頭さんが まめに船内を走り回ってタモ立てしてくれるので安心です。
ラッシュ時は ご近所どおしで やりましょう。

今日の釣りは
餌も先週と違って ビックサイズなので ビンビン反応(餌の)来ます。

一投目から 反応 ぼんやりしてると 離される(泣)
私は左舷大艫  (片舷三人のゆったりした釣りです)

その魚か 左一番の方に来ます。本日最大(未確認?)72cmがあがりました。

次の当たりも 合わせ損ない 右の方に来ます。

どっかで聴いた リアクション係になったよう。

勿論、私のバラシが全部いってるわけは無いのですが。なんか凹みます

ついでですので 船紹介
ヒラメの餌は 越喜来湾流行の 大きなマイワシ

DSC03428.jpg

血抜き用のバット

DSC03430.jpg
血抜きマニアのSMRの皆さんには お助けかも?

私の釣果は

7枚 51 53 38 42 41 45 45cm 
船中最下位?(笑) トップは8枚かな? 右側1番 2番の方の情報が無いので暫定最下位ということで。

DSC03433.jpg

沖上がりすると
料金を支払いに行くと ポインドカードをくれた。

DSC03432.jpg

なんか違和感 「祝」 は 真中が良いのでは? 特に問題は無いのですが

土曜日は 野暮用で秋田へ 日曜は 家内の助成で予定通りヒラメ釣りへ

満足の週末でした。

数はともかく 60オーバー欲しかったです。

次回は 金曜 広進丸 夜は昔やってたサッカーチームの宴会 みんなの口に入る位釣れれば良しです。
関連記事

2013ヒラメ釣り第二戦in根浜海岸

7/13 今日は一人で釜石へ
06:00出船なので 気持ゆっくり
でも、初めての船 さらに初めての方達が多いので
30分まえに到着

DSC03417.jpg

「大海丸」
ネットを駆使して画像は見て予習しました
予想より一回り大きい トイレ付 船べりが高く
膝にちょうど合う 釣りやすかったです。

ご覧のように 満潮ピークでは乗りあげそうな潮位
地盤沈下復旧してません。

06:10 主催者到着
06:20 同船者到着

私、社長 部長 と その友人Aと 友人B夫妻で 計六名
余裕の仕立て船です。

私:「錘は何号ですか?」
船頭:「20号」
私:吃驚

それもそのはず、出船 数分で開始
深度 10m

今日の心配は 餌が小さい事
DSC03420.jpg
最近 マイワシの釣りなので その小ささは 寂しく感じます。

07:00開始から
第一投目で 左一番の奥様がゲット
遠目にみて 40cm

私:「釣れるんだ?」

集中します。
20号の錘が無かったので 30号~10号で対処します。
超ライトヒラメです。

当たり  来ます。
軽く送って 次の引き込みで合わせると おや?
すっぽ抜け?  餌が有りません

ちび餌では 一発合わせで良いのでは?(試行錯誤)

船中では ヒガレイガ釣れた 小さい!! とかで盛り上がってます。

左船尾の私は 静かに 孤高の釣りを楽しみます。
背中側の 部長さんも苦戦してます。

開始から3時間 気持ふっくらした カタクチを投入
着底 すぐイワシが 暴れます(錘10号だとちびでも感じられます)

ぐぐっと来る 重みに一発で合せると 生命反応 ヒガレイ?
来たのは 20cm 初根浜ヒラメ
DSC03419.jpg

勿論リリース

その後、数回ばらします
タイミングがつかめません(身体がいつものように竿を送って仕舞います)

なんか餌の動きがおかしいなと思う 感じに 大きく誘いあげると
「ガツン」と、ヒット 40cmを釣りました。

その後、奇麗なあたりに合わせますが 途中でバレ
針を大きくしたいが 大きくすると 餌に負担がかかるし?
食いこみを待つと フックアップ遅くなる感じ

小餌に悶絶 楽しみます

35cm位を2匹追加しますが リリース
家で食べるには丁度の数

船頭曰く:「刺身食べられるな」
私:「はい」

竿頭は船首の奥様 2枚かな 他は不明です?
船中4枚?

いろんな状況に対応しないとね
経験値アップの根浜海岸のヒラメ釣りでした。

大海丸の船頭さんありがとうございます。
機会があったらまた行きます。

関連記事

2013ヒラメ釣り開幕戦

7/7 盛岡南IC 03:00待ち合わせ
アコワゴさんと 崎浜 広進丸へ

今回はカズチャンがセットアップしてくれました。

昨年が6/15だったので およそ一カ月遅れの開幕です。

前日 SMRメンバーラガパン君の厳しい状況報告に 緊張します?

まあ、開幕日 まずヒラメの顔を見る事 そして三枚来れば上出来

昨年は遅刻気味(遅れたわけではない)だったのですが。

今年も我々以外は既に乗船済み 皆さんの気合が感じられます。

出船
左船首から アコワゴさん カズチャン  艫にoff
DSC03401.jpg

大潮崎を回って 首崎の中間に 他船も集まってます。(ここしか釣れない?)
写真は首崎
DSC03402.jpg


第一投 沈黙  続いて沈黙 さらに沈黙は続く



そして、06:00頃から開始して 2時間 本命の当たり
DSC03404.jpg

来てくれました。今年も会えました。ヒラメ

続いて カズチャンにも
それより先に 右ミヨシの方が良型が上がったらしく 船中もざわめきと安堵の空気が流れます。

気にして居なかったが 事件・・・・
アコワゴ名人が 「ぼ」に向かって悶絶しています
DSC03405.jpg

船頭さんも心配気に様子をうかがってます(多少作為的な画像)(笑)

その前でカズチャンはこれ見よがしの血抜き中?(良いコンビです)

結局、開始から4時間半 アコワゴさんゲットで 名人の「ぼ」は消えました。


私は、6回当たり(確実な) 2枚ゲット(一枚はスレ)
1枚 水面で離され(へたくそ)
3枚は 底で離されました。

水面で離されたヒラメの歯型は 餌の尻尾の方にしか無く 食い込みが浅いのが解りました。
よく水面まで来たもんだ?

メンバー全員  型を拝めて 目出度し目出度しでした。
最後に上手なタモ入れをご紹介しましょう。



他の釣りでも参考になります


次回は釜石方面に ヒラメ釣りの予定す。
関連記事

ていたいちゅうの釣行をアップ (ダイジェスト版)

6/23 三沢から 

宏宥丸の船頭さんから電話?日曜来ない? 空いてはいた。
同様に S社 F氏からも同様の電話・・・・では行きますかと 決定

船 故障で 別船での出船(何のこっちゃ)

アコワゴさん誘って 三沢へ

DSC03387.jpg

DSC03389.jpg

DSC03391.jpg

まあ、こんなもんでしょう。型はそこそこなので満足です。

6/30 宮古 清龍丸へ
かねてから 企画 計画していた SMR枢機卿を誘っての 鰈釣り

参加者は ダルタニヤン様 BS様 ボンバー様 と私
枢機卿の序列にある ボン氏の プロパーに徹した釣行は 目出度く終了
デビューのダルタニヤン卿も 公魚と違ったあたりに苦労するも ほどなく自力でゲット 達成

かなり 厳しいうねりの中での釣行も 船酔いせず完了 目出度し 目出度し

DSC03394.jpg

DSC03396.jpg

DSC03398.jpg

15枚くらいの釣果 キープは 9枚 しっかりとした型のみを持ち帰りました。

当日はSMRメンバー 軍曹とカズチャンが 宮古でヒラメ開幕戦 互いの好漁を願ったが・・・

そして、今日の私の ヒラメ開幕戦に続く   to be continue
関連記事