offさんの釣りLife+

釣りのこと 周囲の事 書いてみます。
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月

岩洞湖氷上公魚釣り最終 三連休三連戦 ダイジェスト版

これをアップしている今日が岩洞湖氷上公魚釣り最終日
今、テレビでもやってました。
みなさんお疲れ様でした。

ということで先週末の三連戦

解禁は持つのか心配の一週間 大雪もあってなんとか持続

しかし、初日は
DSC03943r.jpg
ドーム船
岩洞湖向かう車の中で 強風と積雪で少し氷上行きを躊躇ってました。

詰所にいれば誰か来るだろう。そこの流れで決めよう。

入ってきたのは、アカムシさん ドームモード全開?

詰所に来るのはドーム行きの方たち

それでは、我々もと出撃(ドームへ)しました。

結果は
DSC03946r.jpg

DSC03947r.jpg

実測 51匹

四国から来たという二人組に贈呈 かなり、感謝されて チョット恥ずかしい

片付けている途中 四国組に 指導中のアカムシさんの竿に強烈なアタック
上がってきたのは
DSC03949r.jpg

尺のニジマス 嬉しい一匹でした。
細ライン ドーム下から良くあげられたと思います。


明けて二日目 3/22
事前に情報があって  行き先さえ合えば
Hideaki氏と グレムリン君に同行予定
ワラビ平 ということで若干尻ごみも 荷物を超軽量にしてくれたので(大喜)
着いて行きました。
DSC03959r.jpg

チョット歩くの遠いですが 前を二人のスノーシュウが整地してくれるので
かなり楽に歩けます。

DSC03966r.jpg

場所決めから テント設営までおんぶにだっこです。

さらに、美味しいメニューの連発

DSC03963r.jpg

DSC03962r.jpg

DSC03961r.jpg

Hideaki氏からは既に昨日 桜頂戴していたので(祝大漁)
餌釣り頑張ります。



ちなみに、我が家の桜
DSC03937r.jpg

DSC03958r.jpg

こんな感じで食べました。 美味しかったです 感謝です。

公魚は
DSC03965r.jpg

実測は 60匹でした。

引き続き 3/23 最終日
SMR本隊との出撃 タニヤンから入れ替わりで ムラさん参加
計 6人 今シーズン 好調?だったレスト下というか 活性化センター下 沖


入る場所が違うけど 一回来たかな?

ポイント引き出しの多い Hideakiさんが絞り込んだのは ケッコウ沖側
たぶん 未体験の場所・・・・・・・・釣れました。


本隊と分隊のおもてなし合戦 (在庫処分合戦?)(笑)

岩洞湖 「ヤキヤキ」元祖かどうかは不明ですが エスカレートしてるのは
知る限り この方たち 中華回転テーブルは今シーズン自粛してるようですが。(笑)

新作 旧作メニュー? 壮絶なおもてなしの戦いでした。

私的には、体重が落ちない岩洞湖は初めてです。。

公魚は
DSC03974r.jpg

実測 121匹でした。
前日から試している 穂先が面白くて 研究中です。

帰りは 強烈な上り坂
DSC03976r.jpg

燃料切れでヒィヒィいってる私に D神様が戻って助けてくれました。(大感謝)

最後に 束 越えられて 大満足でした。

反省点は 数多くありますが もう、こんなもんでしょう。

まだまだ、公魚で遊びます。

氷上 お世話になった皆さんありがとうございました。
また、来シーズン

私は、ドーム生活で継続します。

公魚釣り 面白いんだもん。

関連記事
スポンサーサイト

岩洞湖氷上公魚釣り 第13戦 掟破りの釣り?

明けて3/16 お話は、またまた詰所から
アサター君居ます Hideaki氏来て
昨日のことやら何やら情報交換

行き先決まりません

そんな中 「昨日Kさんが 4Wで400?」なんていう話が出ます。

私、「もしかしてあのテントがKさん?」

彼は同じ場所に二日行かないと思うから 行ってみるか。
名人 400なら 私でも100位は届きそう。

という 横着極まりない掟破を考えました

Hideakiさんは アコワゴさんと桜見に行ったし
今年 参加同行してないSMR本隊は07:00の集合 まだまだ時間ある

ソロで行こう。4Wへ(笑)

釣果情報は正直です。
駐車場こそ満車ではありませんが 降りてみると昨日の五倍はテント並んでます。

思う方角に 人出は少ないようです....(ヨシヨシ)

辺りを何個か空けて探査します。
どこも良さげです。ただ、前日情報より1m浅いのが不安
一日でこんなに下がるかな?

除雪して下地を作るのもめんどくさいので Kさんが釣ったと思われる場所をそのまま使用します。(御免)
(こんな横着な釣師に大漁はありませんネ 何事も真面目に取り組みましょう)

センターアンカーと外ペグ3本でテント設営完了

DSC03940r.jpg

釣り開始
Kさんは私より体格良いし 肩幅も広い
肩身も肩幅も狭い私は左右の竿を 首を振り振り当りを取ります。

DSC03938r.jpg


釣れます。昨日よりは 遥かに。

しかし、釣れた公魚が氷の底の縁に引っかかり 魚がばれます。
さらに、縁にかかると針が取れません。
仕掛け外しの道具は氷の厚さより短く 苦労します。

魚は最小 3cm?
小針を持っていれば変えるのですが 持ち合わせがありません(泣)

それでも、時速 35→20→15と進みポツリ ポツリ→ 沈黙

途中 外に出るとホワイトアウト状態
おさまりかけた 昼過ぎ ゆっくり片付けて 終了

DSC03941r.jpg


83匹でした。

時間 短いですが 4分の1にも達せず 名人との力の差を痛感 勉強になりました。

横着釣師なので今後に生かせるかどうかは別です。

良かったのは 同じ場所で釣りすることが出来たこと。
いくらか早い時間にスタート出来た事くらいですネ。

もうひとつ良かったのは 帰りの坂 DCスレー良く滑る?
荷物の配置も変えました 昨日に比べ楽々登れました。
(釣り客多く 道が固くなったせいもあるとおもいます)



家に戻って、Kさんに電話します。
Kさんも 出撃して早めに上り自宅とのこと。

今日私が行った場所は前日の場所で間違いないか?
利用させてもらったことへの仁義と挨拶。
釣りの状況......いろいろとご指導いただきました。

前日釣果は 400ではなく280くらいだとか
それでも、3分の1にも届きません。

ついでに、穂先の作り方もチャッカリ教えてもらいます。

やってみます。

氷上最後となったか? あと一週行けるか?
ドキドキの週ですね。
関連記事

岩洞湖氷上公魚釣り第12戦

3/15 今週で氷上も終わり?
そんなこと考えながら岩洞湖へ

週中から前日?まで降った雪は30cm以上の情報が入っているので
若干 気持ちが重いのです 凹。

レストハウスに寄り餌購入
レストママ 会うなり: 「ドームですか?」(笑顔)

毎度見透かされているようです。

さらに、「T市のナントカさん行ってるよ

ドームに入り易い状況まで作っていただく心遣い

やさしい 良い人です。

詰め所へ

Hideaki氏既に到着済み

今日は組長が居ないのでソロのよう 出撃して行きます。
ヤクザな桜組を 運営するのは 管理職の ワカ頭さんの指名? 大変なのですね?情報収集に余念がありません。

私は、ドーム船のナントカさんに挨拶回りに行き様子を伺います。
私、「そこそこ釣れてんじゃん!」

ナントカさん、「待ってます

そんな声掛けられても 氷上は後僅か
深い雪にめげても ここは、氷上でしょう。(心は揺らぐのです

豪雪の岩洞湖に組合のトシ様は前日 不眠不休で対岸ルートの除雪をしてくれたのでした。
トシ様は岩洞湖公魚解禁中の半年 いつ寝てるんでしょう? 感謝です。

トシ様曰く「も少し広く除雪できれば良かったけどな~」「とりあえず村Pまでは」
いつもの 味のある お言葉で何気なく 仰るのでした。



対岸へ向かいます
ウサギが先行して走っているので追い越せません(笑)

いつもの駐車ポイント の入り口(小屋横)綺麗な除雪のためうず高く壁になってました。

これを削ってのルート作成には 体力的に厳しいので 他の方にお任せしてスルー(無責任です→ 詫)奥へ

途中 Hideaki号 発見も この辺の降り口わかんないのでスルー

旅行村P到着 出撃します。この時既に 07:00回っていました。


場所は左の第四W
いつものように氷上へ向かうと(今年は初)

右に行くルートと 真っ直ぐのルート 左へのルートと別れます。積雪が多いのでルートは更にはっきりしてます。
【わかる方には分かる】


右のルートは昨年SMR本体と同行して 寂しかった場所(本体直ぐ移動するんだもん)

真っ直ぐの 希望ルートには 数軒のテント
その先の kawako ポイントまでは歩けない

左のルートは 減水の時期で大きな馬の背を越えるか回り込むか?

そんな 体力は無いので真っ直ぐルートへ

後方から来る釣り人にルートを譲ります。
PS:体力がないので行きも帰りも 後続の方に先行していただくよう お願いしてます。(泣)

後続の方は 右と真っ直ぐのルートの中間を どんどん進みます(羨ましい)

私は、その同じラインの手前で探査開始 それなりの経験のある場所?です。(ホントに歩けないのです)


反応は悪くないと思います。(批判受け付けます)

DSC03932r.jpg
(最近目の老化が進んでますが カメラもそんな感じ すみません)

二重構造の底にしばらく決め切れず 周辺を調査したのですが 時間も時間なのでギブして決定
そこそこに釣れたのですが(最初短時間)
後で聞くには 早く始めればここでもそこそこ様になった数はでたかも?

優柔不断な性格が下手さに加えて チャンスを逃してます 毎度のことです。

その後 魚探は

DSC03933r.jpg
お馴染みの表情(笑)

結果は
DSC03935r.jpg
撮影後 一匹釣れて 21匹でした。

当日のテント内様子 (復習のために)
DSC03934r.jpg

13:00頃終了
そんな、一日でした。

しかし、この周辺には この時間前で300オーバーの情報が錯そうしていました
to be continue 乞うご期待

まずは岩洞湖漁協さんに感謝 来週末まで 解禁してくれと思う今日この今です。
関連記事

岩洞湖氷上公魚釣り第11戦 桜組

3/9 チームSMR   「桜組」 に同行
組長 アコワゴさん
若頭 ワカ頭Hideakiさん(?)
理事 タイソンさん

遅れて、若衆頭の グレムリン君(彼は餌係 私の応援)
さらに、遅れて ガブちゃん

今後やるかもしれない桜鱒釣りを久々に見学を目的に 餌係で参加

朝一の探索から ワカ頭さんがSWEET SPOTを発見
周辺何処でも良い感じです。

天気も上々
DSC03917r.jpg


露天が気持ちいい釣り日和
遅れてきた ガブちゃん
DSC03919r.jpg

早速 露天

この上からテントを被せると いつものスタイルとすれば 釣り座展示場ですかね?
なかなか、氷上では見られない ほかの家

餌釣りはというと だらだら ポツポツ釣れます。
しかし、10本以上の仕込みに 餌を供給するにはチョット寂しい勢い
さらに、何故か?私の下ノミ 釣れます。

組長アコワゴさんは餌二匹でギブアップしてます。(笑)

途中 一時間ほど睡眠時間もありましたが 桜組はしっかり結果出してました。

終盤   ワカ頭氏
DSC03924r.jpg


DSC03926r.jpg


ガブちゃん  理事のアシスト

DSC03927r.jpg
DSC03920r.jpg


結局 全員が型を見て めでたし めでたし

流石 桜組です。

私の 公魚(餌)釣りは 52匹のようでした。
DSC03930r.jpg


ワカ頭さんから おすそ分け頂き 私もめでたしでした。

DSC03931r.jpg


所用で早上がりしたグレムリン君と 餌係? 結構厳しく 焦るものです。

残り少ない 岩洞湖氷上? 三連休までやってくれ!!

今この時間 3/13 19:00 この天気は この後の氷上釣りにどんな影響が出るのか?
心配です。 歩きづらくなるのは間違いないでしょう。

まずは、禁漁にならないことを祈ります。
関連記事

岩洞湖公魚釣り第10戦 凹みは続く

3/8 N氏を誘ったら ご一緒にということになった。(多少強引)

N氏は一昨年 会ったこともない方とブッツケ本番釣行した。公魚ファンです。

05:30対岸P待ち合わせ 先週と同じところ(後半)に出撃(懲りてない)

丁寧に場所探索  ほぼ前回の良かった?所と思われる場所に決定 反応良し

釣り開始

時速20匹にはイマイチ届かないが だらだら 忘れたころに 釣れたりする感じ(ナンノコッチャ)

DSC03911r.jpg

実は今日は 誘っておきながら
N氏の 装備にオンブニダッコ状態 らくちんです。

荷物も テントとドリル系無いと「こんなもんなの?」
という感じ なんか忘れ物してない?

強風にも しっかり設営されているし(してもらってる)二人なので安心です。
設営ワーク 装備も万全 安心です。

今後は、誰かのテントに宿借りする方針に変えるか?なんてこと考えてました。

しかし、釣果が良ければ また、爆釣タイムでもあれば 喜んで貰えたかもしれないが
そんな おもてなしは出来ず 「申し訳ない」です。

私の、日々の釣りを見ていただくことになりました。

終始 大なり小なり反応はありました。
DSC03913r.jpg

結果は 私 実測74匹 13:30 撤収しました。

DSC03912r.jpg

Nさま、済みませんでした。懲りずにまた、お付き合い 楽させて下さい。

翌 日曜日の釣行は あらためて to be continue
関連記事

岩洞湖氷上公魚釣り 第9戦 悶絶凹む

3/2 出撃
前日は子供の卒業式で回避

詰め所に寄ると 久々にお会いあする爺さん登場
そういえば途中似た車を追い越した覚えがある。
「小石川に入れないからどこでもいいや」P満車のようです。

続いて アコワゴさん Hideakiさん+ナッツ+1と登場

私は、いつもの対岸へ
今日は新車(新ソリ)DCスレーのデビュー(tacoさんどうもです)
降ろす前に シリコンスプレーを吹き付けて準備完了

左がoffスレー90改2 右がDCスレー110
DSC03902r.jpg

出動
いつものつもりで途中からソリを離すと気持ちよく滑っていきます

しかし、先週と違いそこは立入禁止区域となってました。

さらに、情報どおり雪面 湖面はツルツル ソリは止まらず禁止区域中央へ
しょうがないので 恐る恐る禁区内に下りて回収 真ん中は大丈夫でしょう?

禁止区域外に出て
探査 探査・・・ 不安はあるものの様子が良いのでしばし魚探とにらめっこ。
DSC03903r.jpg

アコワゴさんたちが出撃していきます。
「もっと 深いほういいよ」とアドバイスを貰いますが 9.0mで決定
時速20匹で進みます(毎度同じ)

ところが、近所に団体さんが来て 強烈なテントブロックを貰います。
そっちから魚が来るとは限らないですが なんか・・・・・
DSC03905r.jpg

一時間で魚は消えます。
団体さんたちの声からも魚が消えたことが分かり 移動を決定

沖めの 13mに移動 魚は通りますが 釣れません。
持ち物がタイトになったので小移動は楽になりました。
DSC03907r.jpg

張ったり 緩めたり しゃくったり 引き出し少ないなか
あの手この手でもだめ たまに、リアクションで釣れます。
何が良かったのかも分かりません?

DSC03906r.jpg

DSC03908r.jpg

結局実測63匹で終了 

アドバイスどおり深めからはじめればも少し良かったかも。

片付け終わり 近所の鱒屋さんに様子を伺いに行くと
チームteto(やわらぎ?)の方達でした。
丁重に挨拶を交わして帰ります。

氷上は歩きやすく 誰か書いてましたけど ソリが自分に追いつきます

珍しく 息もキツクナク 最後の登り坂の下まで着いて
組合が準備してくれている ロープに助けられ登ります。

悲劇の最終章
坂途中で肩に掛けてるソリのロープがハズレ ソリは又しても 立入禁止区域に(大笑)(大泣)

とぼとぼ、回収しに行き 二度目のさかのぼりは厳しかったです。

この氷上コンディションで3/23まで続くことを祈ります。
関連記事

岩洞湖氷上公魚釣り  またまた、ダイジェスト版 3

2/22の出撃 いつもの対岸へ ソロ
ヘッドライトを忘れてきたので(後で見つかる)ユックリ目に

最近は 5:00過ぎ詰め所出て目的地に着くと白々してます。
探査 探査そして    良い反応

 しばらく椅子に腰かけて魚探の反応をみているとレスト方面から
つわもの共が来ます。知ってる方達。

私の魚探を観て「やはりこの辺は居るなあ~」

総勢4~5人で周辺を穴掘り開始 何個空けたのでしょう?
周辺が穴だらけになって つわもの達はさっさと帰って行きました。

明日の大会への調査でしょう?

私の魚探は少し魚が消えるもなんとか続いています。

7:30開始で時速20匹
DSC03891.jpg
良い天気です。先週はなんだったんだ?

リリースしたM君が挨拶に戻ってきました。
DSC03892.jpg

毎回違った釣り座です。腰が痛くなるので工夫はしてるのですが決まりません。
DSC03888.jpg

まったり、飽きない程度につれて 実測は133匹 満足でした。
DSC03893.jpg




 
翌日2/23日 大会当日
私は参加しないので(そんな腕は無い)やはり対岸へソロ

昨日とまったく同じ場所 同じ穴を見つけて 7:00開始
同じ場所で二日続けて釣れるはずも無いが 大爆釣したわけではないので決定
DSC03895.jpg

釣り始めると 昨日ほどのペースにならず あきらめムード(早)
大会参加者の方が 後方 30mくらいに陣取り 疾風サウンドが響きます。
昨日調査に来た連中は 他の良いところに入ったのでしょう。

たまには、暖かい物も食べます。
DSC03897.jpg

だらだら、釣れます。
DSC03899.jpg

DSC03898.jpg

12:00終了で 実測は101匹
片付けながらマッタリしてると 参加者が帰ってきました。
結果 様子を聞くと 入賞したとのこと「おめでとうございます」

他の良い所へ入った連中はどうだったのでしょう?

to be continue

関連記事